we were風俗life
TOP

毎日風俗を楽しんでいる男の風俗体験談紹介サイトです!どうぞご覧ください。

いい風俗と悪い風俗を見分けよう

風俗を利用するときは、しっかりといい風俗なのか?悪い風俗なのか?しっかりと見極めましょう。やはり、中には悪徳と言われているものもあり、全く自分の要望を答えてくれない店もあります。これは最悪と言えるでしょう。せっかくお金を払ったのに、全く要望に応えてくれないのは最悪と言えます。もちろん、フリーだった場合は、多少の行き違いはあるでしょう。「顔がちょっと好みじゃない。でも体型は凄い自分好みだ!」とか「体型はちょっとあれだけど、顔が凄くお気に入り!」というのはあるでしょう。それは仕方がないことです。しかし、全く、全然違う人が来る場合もあります。しかも、指名した写真と全然違う!こんな事もありますので、しっかりと注意しましょう。見極め方は、口コミやそのサイトの雰囲気で決めましょう。やはり、中には怪しいサイトもあります。さらに、口コミ全然良くない場合は、そこは利用しないほうがいいでしょう。変なところに引っかからないようにしてください。


東京・池袋のイメクラ風俗店!制服ホテヘル【マリア女学館】

風俗は3兆円産業といわれています

ホテトルというのは無許可営業がまかりとおっている違法業種です。 現在では、ほぼ絶滅した形になっているホテトルですが、10数年前に人気のあったホテトルをベースに計算した結果が残っています。 鶯谷にある、約100軒の店で、1日に1軒当たり10人の客が来るとして、1回がおよそ2万5千円ですから、合計で2500万円です。 同様にして推算すると、渋谷では1日に800人ほどの客がエッチしに来て、売上は2000万円になります。 同様に錦糸町が800万円、巣鴨が700万円から800万円、新大久保と池袋がそれぞれ1400万円ずつとなるとしめて都内のホテトルだけでも、日に9000万円近くの売上が見込まれるのです。 これを年間にすれば300億円超えます。 そしてこの額がちょうど都内のデリヘルの年間売上額となっているのです。 それにこれからは「アジアンエステ」が加わっていってどんどん売上が上がって行くのです。 これを全国に広げてさらに他の風俗もひっくるめて考えると年間の総売上は3兆6千億円という莫大な金額になります。


神戸の風俗なら!デリヘル【DESIRE】三宮・元町・兵庫の風俗です。

デリヘルとホテヘルの違いがわかりますか?

現在の風俗の一番人気である「デリヘル」とは、デリバリー・ヘルスの省略形です。 これは、風俗の世界でよくある英語と英語を結びつけて、なおかつ短縮化した、和製英語です。 日本人というのはこういうのが好きですよね。 デリヘル以外にも、「マントル」(マンション+トルコ)、「ホテトル」(ホテル+トルコ)、「ピンサロ」(ピンク+サロン)、「イメクラ」(イメージクラブ)など、同様の造語法でできた風俗業種は多いです。 それでもなんとなく、その業種の業務内容がわかるからおもしろいですね。 中でもデリヘルは、もっとも新しい部類の造語であって、1990年代末ごろにつくられたものです。 これとほぼ同時期に、デリヘルとは兄弟分にあたる「ホテヘル」というのも登場しました。 こちらは(ホテル+ヘルス)の省略形です。 デリヘルとホテヘルの違いを簡単に説明すると、女の子をお客さんの待つところへ配送(デリバリー)するのがデリヘルです。 行き先がホテルであろうが自宅であろうが問題ありません。 そしてホテルにだけ、それも女の子が自分の足を使って出張するのがホテヘルなのです。


福岡・博多の人妻・熟女デリヘル!風俗なら【花の都】